Above

検索結果画面からのクリック率が良いと検索順位は上がるの?

さちこ先生。質問です!

検索結果画面からのクリック率が低いと検索順位が落ちるという話を聞きました。ということは、私がいっぱい検索して上位表示させたいサイトページをひたすらクリックしていけば検索順位は上がるんでしょうか?

マイマイSEO担当者 新人 マイマイ

その話は都市伝説的に存在しているわね。SEO研究家の中には「検索結果からのクリック率と検索順位には因果関係が存在していて、クリック率が低いと検索順位が下がる」という人がいるわね。

でも同時に、Googleの中の人は「検索順位が直接的にランキングに影響するアルゴリズムは無い」ということを明言しているわ。

さちこ先生SEO 管理ツール さちこ先生

そうなんですね…。Google本人が言うくらいだから検索順位にクリック率は影響していないとは思うんですけど、でも実際に現場で分析をしている研究家が「影響している」って言うのはなんででしょう…?

どう考えればいいんでしょうか?

マイマイSEO担当者 新人 マイマイ

そうね…それなら、私の推測している内容をもとに解説するわね。

さちこ先生SEO 管理ツール さちこ先生

検索順位とクリック率の関係性について

検索順位とクリック率に直接的な因果関係――つまり、クリック率が高いと検索順位が上がるとは私も思っていないわ。でも、相関関係――つまり、検索順位が高いサイトページほどクリック率が高いことはあると思っているわ。それは、検索順位が高いからクリック率が高いのか、クリック率が高いから検索順位が高いのかは判断つかないけど…卵が先か鶏が先か、という話になっちゃうからそこまでは追及することじゃないわね。

でもね、これは大前提として「Googleはいつだって検索ユーザー至上で考えている」ということを踏まえれば合点がいく話なの。

さちこ先生SEO 管理ツール さちこ先生

検索ユーザーのことを考えればこの話は理解できるはずってことですか?

マイマイSEO担当者 新人 マイマイ

そう。Googleはとにかく「ちゃんと検索ユーザーの心理に適ったサイトページを案内できているか」ということに念頭を置いているわけ。

だって、Googleはあくまでも自分のサイトページを紹介しているわけではないでしょ。コンビニでいうところの「棚」を用意しているわけで、「陳列商品」は第3者である無数のサイトページのことになるわよね。

そうすると、Googleは「良い商品を棚に提供できているか」が不安になるだろうし、「もっと良い商品は無いのか」と追及するわよね?

さちこ先生SEO 管理ツール さちこ先生

はい。わかります。それが普通ですよね?

マイマイSEO担当者 新人 マイマイ

そうね。同じように、検索結果画面という棚で、どれくらいユーザーが手に取ってくれているかを知るのは、クリック率ということになるの。

だからGoogleはクリック率を分析しながら提供商品の妥当さ――つまり、上位サイトページの妥当さを検証しているはずだわ。

さちこ先生SEO 管理ツール さちこ先生

じゃあ、やっぱりクリック率が良いほうが検索順位が上がるんじゃあ?

マイマイSEO担当者 新人 マイマイ

そう短絡的に考えるのはどうかしら…。

私は、Googleはクリック率を見ながら、どういった種別のサイトページを検索上位にしたほうが適切か、上位表示サイトページ像を分析していると思うの。

さちこ先生SEO 管理ツール さちこ先生

検索順位の妥当性について

例を挙げると分かりやすいかも。

例えば、「保険」と検索した時、次のうちどれが検索ユーザーにとって1番嬉しい情報かしら?

  1. 「保険」とはどういうものか、「保険」の成立ちや歴史、サービスの仕組み等を解説しているサイトページ
  2. 様々な保険サービスの比較をしているサイトページ
  3. 固有の保険会社サイトページ

さちこ先生SEO 管理ツール さちこ先生

うーん…。「保険ってそもそも何だろう?」って知りたい人には①だと嬉しいし、何かの保険に加入しようと考えている人には②だと思います。

③は、1番人気な保険会社という意味だったら嬉しいだろうけど…どうなんだろう、加入先の保険会社候補としてまずは見てみたいと思うかなぁ。

マイマイSEO担当者 新人 マイマイ

今マイマイが思ったことはGoogleも思っていることだと思うの。だからクリック率を分析しながら、どういう特性を持ったサイトページを上位表示することが検索ユーザーに適切かを検証しているってこと。

その結果、さっき言った②――つまり、比較サイトページのほうがクリック率が高いと判断したら、比較サイトページを上位表示するようにテストしているんじゃないかしら。

なので、単純に比較サイト群と固有の保険会社サイトページ群を入れ替えてみたりしていると思うの。もちろんそれはテストだから頻繁に入れ替わってると思うけど。だからそれはSEOにおける細かなアルゴリズムシグナルとかではなく、単純な入れ替えは行われているんじゃないかしら。

さちこ先生SEO 管理ツール さちこ先生

それをアルゴリズムという言い方にするかどうかは難しいところよね。

なので、結論を言うと、一部のSEO研究家が言う「検索結果からのクリック率と検索順位には因果関係が存在していて、クリック率が低いと検索順位が下がる」も、Googleが言う「検索順位が直接的にランキングに影響するアルゴリズムは無い」ということも間違ってはいないということよ。

さちこ先生SEO 管理ツール さちこ先生

なるほど。

どっちも正解だから、あとはそれをどう捉えるのかはSEOを考える人次第ってことですね!

マイマイSEO担当者 新人 マイマイ

そう。こういう道理で考えると、グッと理解できるでしょ。

でも、そもそもクリック率を検証するのはとても重要なことだから、絶対に注視しておくことをオススメするわ。だって、上位表示したい理由も流入数を増やしたいからだろうし、検索順位よりクリック率を上げるほうが直接的なメリットが多いはずよ。

それに、せっかく研究して頑張って作ったサイトのコンテンツページなんだから、「検索結果画面でよりキャッチーな表示になっているか」は気になるはずよね。他のサイトページの表示のされ方はどうなっているのか、ちゃんと自分たちのサイトページは差別化できているか等をウォッチしておくことは重要よ。

さちこ先生SEO 管理ツール さちこ先生

はい!わかりました!とても良くわかりました!

マイマイSEO担当者 新人 マイマイ

でも、さちこ先生…

私も毎日検索結果画面をチェックできれば良いんですけど、そんなに頻繁に見る余裕がないのが正直なところです…。しかも、それをもとに検証するなら長い期間継続してやっていかないと意味がないですよね…?

誰かやってくれないかなぁ…。

マイマイSEO担当者 新人 マイマイ

あらあら。でもそれならちょうど良いツールがあるのよ。

さちこ先生SEO 管理ツール さちこ先生

ここから先は会員限定!
無料で会員登録をすると、「SEO管理ツールを知ろう!」の記事を全て読むことができるわよ。続きが気になる方は、会員登録をお願いね。

さちこ先生SEO 管理ツール さちこ先生